カレーハンター試験ができたよ。

カレーが好きなあなたは、もちろん合格ですよね☆
  ↓  ↓  ↓
カレーハンター試験 受付はこちら

【結果を出す人のオールドシンハラスタイル チキンカレー】

先日、「カレー研究会」でカレー対決が企画されていたので、カレー研究会にも所属している6号はこのカレー対決に参戦してきました。

今回は「チキンカレー」というレギュレーションが設けられ、当日は出品者8名9品、参加者約30名という状況でした。

そこで、なんと・・・!!
6号の作ったカレーが優勝しました!

前週の「水道橋カレー対決」からブランクを空けずに挑んだカレー対決となり、複数のイベントをまたいでいますが、通算V3達成となりました!

1022カレ研1

で、6号が何を作ったのかと言いますと、
オールドシンハラスタイルのチキンカレー
です。

トマトもココナッツも手に入らなかった時代のスリランカの、古典的・トラディショナルなカレーです。

1022カレ研3

通常ならば鶏骨付きもも肉にローストしたトゥナパハやタマリンドなどを擦り込んだものを使うのですが、僕は鶏むね肉をコンフィにしたものを使いました。というのも、カレー研究会主宰の一条もんこ先生からは「チキンカレーは如何にグレイビー感を出すかがキモであり最も難しいところ」とおっしゃっていたので、僕の乏しい知識から肉汁や旨味を肉に一層閉じ込められる手段として導き出せたのが「コンフィ」という答えだったのです。

1022カレ研2

カレーは大テーブルに鍋ごと置かれて番号が割り振られ、誰がどれを作ったか投票後まで分からない「ブランドテスト」形式で行われました。
その結果、バターチキンを作られた方と同票となりましたが1位をいただくことができました。
(量が思いのほか少なくて全員に行きわたっていなかったそうで・・・大変申し訳ありませんでした。)

1022カレ研4

同票のバターチキンのレシピは実はカレー研究会に参加されている「しるびー」さんのものをベースにしたものだとのことです。しるびーさんのバターチキンはクックパッドで殿堂入りされているレシピなので、お手軽かつ本格的で超おススメです。

3位以下もほぼ僅差だったり同票だったりという結果で、全員が拮抗して非常にレベルの高い戦いでした。

最近はカレー朝活やカレーサークル、カレー部などといった様々な活動があるようですが、カレー研究会ほど実践・検証型の色彩が強い集まりは他にないですね。
「水道橋カレー対決」で僕が勝てたのも、このカレー研究会で鍛えられたからと言っても過言ではないくらい、本当にお世話になっています。

次回のカレー研究会は12月に開催されるとのことなので、また参加したいと思います。

SNSでシェアお願いします(^^)

5/21 高尾山で“絶品スリランカ飯”ランプライス【カレー☆ハンター1号食堂・特別編】

バナナの葉。スリランカカレー。高尾山。「はい。美味い。確定」

★カレー好きなら一度は食べたい《ランプライス》

「ランプライスって何?」というアナタ。こんな美味しいカレーを知らないなんてもったいない。カレー好きじゃなくても食べて欲しいほど美味しいカレー。バナナの葉で包んだスリランカのお弁当なんです。

バナナの葉から移る独特の香りが楽しめます。スリランカ料理と言えばライス&カリーですが、ランプライスは一般的なライス&カリーとは中身が違います。

ゆで卵あり、スリランカのコロッケあり、もちろんチキンカレーもあり。

スリランカ料理を食べ慣れている人でも楽しんでいただけるはずです。お弁当なので少し甘めで濃い目に味付けされたカレーは、疲れた身体に染み渡ります。