カレーハンター試験ができたよ。

カレーが好きなあなたは、もちろん合格ですよね☆
  ↓  ↓  ↓
カレーハンター試験 受付はこちら

【1年1000カレー】1月24日 カレーハウス キラリ@品川/エビカツカレー 600円【No.101/1,000】

やあやあ、全国のカレー好きのみんなよく来たな。俺様はカレー☆ハンターだ。今日のカレーはこちら!

カレーハウス キラリ@品川/エビカツカレー 600円

品川駅港南口を出て、広場の向こう、右前方に見えるビルにキラリはあります。テナントが一覧表示されている看板にも掲載されています。

ちなみに、エスカレーターで1階に降りても良いですが、エレベーターで結局2階に昇ることになるので、港南口のデッキから直接ビルに入るのが良いです。

ビルの中に入ると、間口の狭い入り口から店内が望めます。臆せず入りましょう(^^)

カレーハウス キラリのおすすめメニューは?

入り口のすぐ横にある券売機で食券を買います。おすすめは「エビカツカレー」

写真:食べログ

コーヒーがセットです。ちゃんとコーヒーマシンで1杯ごとに入れているので、こういったスタンドカレーのお店としては、かなり美味しいコーヒーがいただけます。

カウンターには、追加の調味料が。

カレーホットは、見たことがありますが、カレーリッチは初めて見ました。

ちなみに、カレーホットは、新宿のカレーハウス11イマサにも同じものが置いてあります。見た目は真っ赤ですが、それほど辛くありません。

カレーリッチの方は、世界で初めてカレー粉を商品化したC&B社の製品。実際にカレーに掛けて食べてみたら、確かにスパイスの香りが増幅されました。

塩味がかなり強いのですが、一家に一本あっても使い勝手が良いかも! 炒飯に入れて混ぜれば、きっと美味しい簡単ドライカレーが作れます(^^)

そして、付け合せの福神漬けとらっきょう。狭いカウンターを有効活用できるように、必要な調味料とカトラリー類がキチンと整理されています。

使っている容器は100円ショップのものが含まれていたり、高級感のあるものではありませんが、非常に気配りを感じます。

私の座っていた席はカウンターなので、キッチンの様子が丸見えなのですが、素人が見ても随所に工夫があって、スゴイなぁと感じました。

特に、カレーのルーを入れた鍋を直接ガスコンロに掛けず、一回り大きな寸胴にお湯を張って、湯煎で温めているのが印象的でした。

これ、お店をやっている人じゃないと気が付きませんが、焦げやすく、水分が蒸発しやすいカレーをなるべく同じ状態で提供する工夫です。すごいなぁ。

さてさて、やって参りました、エビカツカレー! 

トッピングの玉子はタイムサービス無料。生卵かゆで卵の好きな方を選択できます。エビカツもなかなかの厚さ。品川駅前でこのカレーが600円で食べられるなんて。いやー嬉しいです。

エビカツは、整形されたものですが、十分ぷりぷりの食感を味わえます。ルーも「この価格だから凡庸な味なのかな」と思っていたのですが、特徴的な風味があり、この店でないと食べられない。そう感じさせる味でした。

辛さは、一般的なカレーより少し辛め。辛さが苦手な人はご注意を。私は、もうほんの少し辛い方が美味しいので、カレーホット、カレーリッチを加えて食べました(^^)

まとめ

こちらのお店、2017年2月11日現在で食べログ3.52なのですが、正直あまり期待していませんでした(苦笑)

こういったカウンター形式のスタンドカレー店は、コスパ重視で点数が高くなっていて、ルーが凡庸だったりすることが多いからです。

でも、カレーハウス キラリは、違いました。エビカツカレーの大きさ、味。このお店ならではのルー。そして、私好みの辛さ。さらに十分な量なのに600円。とコスパと味を両立させた素晴らしいお店です。

品川には、美味しいカレー屋もたくさんありますが、ランチの平均価格が高い品川で毎日のようにカレーを食べようと思ったら、キラリのカレーを外すわけにはいきませんね。安くて美味い。良いお店です(^^)

おすすめ度:★3.5

 

ふっふっふ。どうだ、美味そうだろう。次回もお前らをたっぷりとカレー好きにしてやるからな。覚悟しろよ☆

カレーハウス キラリカレーライス / 品川駅北品川駅天王洲アイル駅

SNSでシェアお願いします(^^)

4/23【絶品スリランカ式チキンビリヤニ】カレー☆ハンター食堂【月イチ15食限定】

カレー☆ハンター1号の本気スリランカ料理が食べられるのはココだけ!

★今回は、日本でも人気沸騰中のビリヤニです!

ビリヤニは「インドの混ぜご飯」といった感じの料理。もちろんカレー味! 結婚式などのお祝いの席でデッカイ鍋で作ってみんなで食べるお祭り料理です。

先日のスリランカ遠征(3/12~3/23)カレー修行ではスリランカ料理だけでなく、みんなが大好きなビリヤニも習得してきました。教えてもらったのは「重ね蒸し」という伝統的なムガル帝国時代の宮廷料理スタイルの手間のかかるもの。

「インドカレーは好きだけどビリヤニって何?」というアナタ。ぜひ食べてみてください。ここ数年で日本でもビリヤニ人気が高まっています。その理由がきっと分かると思いますよ。