開催イベント情報

11月30日 カレーハンター協会と瀬口家コラボVRをしながらスリランカカレー! カレー☆ハンター食堂 開店。食べ放題。
>>お申し込みはこちら

生放送予定

次回、11月21日の20時から! → 【料理枠】アホみたいに簡単な飯盒炊爨(はんごうすいさん)【第25辛:2017-11-21】

どうしてカレーは国民食になったの?【カレー屋の陰謀】

カレーってね。日本全国みんな大好き。みんな知ってますよね。毎日のように食べています。どうしてこんなに「日本の国民食」と呼ばれるような状態になったのか? まぁ、まずはね…

最初のきっかけは、日本が戦争している時ですね。

軍隊で軍艦の食事に採用されたことが始まりです。軍艦って何ヶ月もずぅーっとね、外洋に出ているので閉鎖された空間になります。だkら、そこで出て来る食事というのがね、兵隊さん達の娯楽の中心となっていたんですね。

そして軍艦では、曜日感覚を失わないとか、そういったいろんな意味があって、毎週金曜日がカレーの日だった。毎日、同じような空間で同じような生活をしている兵隊さんにとっては、ある意味、特別な日だったわけです。

で、「軍艦で食べたカレー美味しかったなぁ」「また食べたいなぁ」と思い出して、兵隊さんがね、家に帰っても同じようにカレーを作る習慣が定着した。という説があります。

カレーが学校給食へ採用→国民食へ

ただ、カレーが国民食と呼ばれる1番大きな影響を与えたのは、恐らく「学校給食に採用されたこと」というふうに私は考えています。

1982年(昭和57年)の1月22日。全国の小中学校の給食で一斉に学校給食としてカレーが提供されました。これを記念して毎年1月22日は「カレーの日」と呼ばれるようになりました。

人気があったから学校給食にカレーライスが選ばれた。

ちなみに、昭和57年といったら、ちょうど僕、食べているかもしれないです。よく考えたら。ちょうど小学校1年生ですね。食べているのかもしれない。ちょっともう昔のこと過ぎて覚えてないんですけど(笑)

でもまぁね、「カレーライスが学校給食として採用されて登場した」というのが、国民食への1番のきっかけですよね。

学校給食に採用されると何がスゴイのか?

それは、「小さい頃に食べた味というのは、すごく覚えているから」なんです。

マクドナルドの例をよく話に挙げるんですが、マクドナルドって、最初の頃、もうずぅーっと昔ね。日本マクドナルドを藤田田さんがやっていた頃。なんとかして、子供を連れてこよう、連れてこよう。という戦略を取っていたんですね。

今でもハッピーセットとかあると思いますが、もっと積極的に子供向けに訴求していました。これは「マクドナルドのポテトを食べさせて、その味を子供に覚えさせよう」という戦略だったんです。

そうやってポテトの味を覚えた子供が大人になって中学校、高校になると自分で使えるお金が増えてくると「子供のころ美味しかったポテトを食べに行こう」と、またマクドナルドに来てくれるという戦略というわけです。「10年、20年後のお客様を育てる」という戦略を取っていたんですね。

学校給食ならすべての人が味を覚えていく

それくらい子供の頃に食べた味というのは覚えていて、マクドナルドが採用するくらい、しっかりとした裏付けのあるような事実なんですね。

なので、同じように小学校の頃、もう小学校1年生だと6歳とか7歳なんで、その時に学校給食でカレーを食べて「カレーって美味しいなぁ」っていう経験をすべての人が体験しているから、大人になっても「カレーって美味しいなぁ」と多くの人が感じるわけです。

ま、学校給食の中でも「美味しかったなぁ」というものは、人それぞれだと思いますが、やっぱりカレーって絶対に入っていると思うんですよ。

なので、そういった美味しかった経験から、これだけ多くの人がカレーが好きで、毎日のように食べるという現状が生まれ、最終的に「カレーは国民食」という地位を獲得した。ということなんですね。

覆面調査員募集中

カレーハンター協会では、世界中のカレーを食べ歩いて美味しいカレーの情報を集める調査員(カレー☆ハンター)を募集しています。

「カレー愛なら誰にも負けない」というアナタ。一緒に「カレー☆ハンター」となって活躍しませんか?