カレーラーメンのベースにする袋麺の味とアレンジは?【ちょ、そのやり方じゃなくて!】

カレーラーメンと言ったら、だいたいスープがカレー味になっているカレーラーメンを思い浮かべる人が一番多いかなと思います。カレーのルーをラーメンに入れて、ラーメンスープをカレー味にしてある奴です。

もちろんこの方法で作ったカレーラーメンも美味しいと思いますが、僕がよくやるのはその方法じゃありません。たぶんこっちの方が美味しいと思うのでご紹介します。

カレー☆ハンター流カレーラーメンの作り方

まず、袋麺は「しょうゆ味」が良いです。ざっくり説明すると「袋ラーメンを普通に作って、スパイスで炒めた野菜を上にトッピングで乗せる」といった感じです。

例えば、ラーメン屋だったら「刻みネギ」とか「もやしとキャベツを茹でたもの」とかを最後にラーメン丼にトッピングとして乗せると思うんです。それをスパイス炒めに変更するイメージです。

昔、バーミヤンでバイトしていたんですけど、キッチンをやっていたんですね。その頃のバーミヤンには「肉もやしタンメン」というのがありまして、もやし炒めラーメンみたいなラーメンなんですが、もやしと豚肉を塩コショウでサッと炒めたものをトッピングとして最後に乗っけるんです。

これを塩コショウじゃなくて、塩とカレー粉、またはガラムマサラで炒めたものを使うと簡単に美味しいカレーラーメンを作ることができます。にんにくを入れても美味しいと思います。ちなみに、この方法で作る場合は「しょうゆ味」がたぶん一番美味しいです。

カレーラーメンのいろんなアレンジ

ちなみに僕の場合は、スリランカ料理を良く作るのでスリランカ風カレーラーメンも作ります。こちらも簡単でおすすめ。作り置きを使うだけなので、完全に手抜き料理ですw

スリランカカレーって付け合せで野菜のカレーをたくさん作るんですよね。そのなかで「キャベツのマッルン」という、キャベツとココナッツをスパイスで炒めたカレーがあるんですよ。これを野菜炒めの代わりにラーメンの上に乗せると美味しいんです。

この方法は、カレハン食堂をやった余りのストックがあるんで、個人的に超簡単で美味しいので、かなり気に入っています。もしスリランカカレーを作ることがあったら、このアレンジもぜひ試してみて欲しいです。

まとめ

スパイス風味の野菜炒めをたっぷり作っておけば、いろんなものにも使えます。そのままラーメンの上に乗せても良いですし、チャーハンの具にしちゃっても美味しいです。いろいろアレンジが効くと思いますので、ぜひ試してみてください。

YouTubeチャンネル登録お願いします!

 

 

カレー☆ハンター募集中!

カレーハンター協会では、世界中のカレーを食べ歩いて美味しいカレーの情報を集める覆面調査員(カレー☆ハンター)を募集しています。

「カレー愛なら誰にも負けない」というアナタ。一緒に「カレー☆ハンター」となって活躍しませんか?

カレーを食べたら報告しよう☆

Facebookグループで熱心なカレー☆ハンター達が交流中だよ
カレー☆ハンティング報告所♪

Instagramでユルく繋がろう。
カレーを食べたら「#カレーハンティング報告」タグを付けて投稿だ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です