大人用のカレーを子供用のカレーにするには?【甘くすりゃいいわけじゃないッスよ】

まず、前提として「子供用のカレー」というのは、要するに「辛くないカレー」だと思うんですけど、辛味を抑えるために甘味を加えるのは間違ってます。

大人用のカレーを甘くするために、「リンゴとハチミツを入れてみた」みたいなことをやっても、ぜんぜん子供用のカレーになりませんので注意してください。実は、辛味を抑える方法は、2つしか無いんですよ。

カレーの辛味を抑えるたった2つの方法

「カレー自体を薄める」「酸味を加える」しか無いんです。でも、酸味をたくさん加えちゃうと子供用のカレーには適さないと思うので、子供用のカレーを作るには薄めるしかないんですね。

感覚的には、「大人用のカレーを薄めてスープカレーに近づけていく」イメージです。このイメージで調整してもらえば、子供用のカレーになると思います。

子供用のカレーはスープカレーにアレンジするのがおすすめ

せっかく子供用のカレーを作るんで、その薄める作業をする時に、ただ水で薄めるだけじゃなくて、よりマイルドな感じになるように牛乳で薄めていくといいです。

こうやって薄めてスープカレーにアレンジしていくのですが、スープカレーは出汁の味が重要なんです。だから、なにか出汁成分を加えてください。分かりやすいのはブイヨンかな。コンソメとかブイヨンとか、そういった出汁成分を牛乳に加えていきます。

そうすると、全体の味が薄くなってしまいますので、塩もしっかり加えてあげることが大切です。コンソメとかブイヨンには塩味が付いていることも多いですから、原材料を確認して調整してください。

まとめ

大人用のカレーのルーを塩と牛乳とブイヨンで伸ばしてあげることで、美味しさを損なわずに子供用のカレーになります。「大人用と子供用のカレーを分けて作りたいんだけど、子供はちょっとしか食べないから、わざわざ作るのも面倒くさい」っていう、お母さん方、ぜひ試してみてください。

YouTubeチャンネル登録お願いします!

 

川崎鶴見で「かれはん食堂~スリランカレストラン&バー~」営業中!

カレーハンター協会 理事長。スリランカ料理スリランカ国旗研究家。川崎鶴見で「かれはんキッチン」「かれはん食堂」「Barかれはん」営業中。しっかり辛くて美味しい「スリランカスリランカ国旗ライス&カリー」作ってます。食べに来てね☆

緊急事態宣言中はテイクアウトのみで営業中

テイクアウトのご予約は「045-716-9830」まで。店舗に直接ご来店ください。

店舗住所:神奈川県横浜市鶴見区尻手1-4-28 [Google Map]
交通:JR川崎駅から徒歩19分、JR南武線 尻手駅から500m(徒歩7分)

間借りカレー時代の「かれはん食堂/Barかれはん」営業一覧

目黒→渋谷→高円寺→新宿御苑
https://www.facebook.com/pg/curryhunter.jp/events/

★川崎鶴見エリアで各種デリバリーサービスにて出店中

UberEates「かれはんキッチン」
https://order.ubereats.com/yokohama/food-delivery/%E3%81%8B%E3%8...

出前館「かれはんキッチン」
https://demae-can.com/shop/menu/3087845

foodpanda「かれはんキッチン」
https://www.foodpanda.co.jp/restaurant/lcy5/karehankitsuchin-cur...

カレー☆ハンター募集中!

カレーハンター協会では、世界中のカレーを食べ歩いて美味しいカレーの情報を集める覆面調査員(カレー☆ハンター)を募集しています。

「カレー愛なら誰にも負けない」というアナタ。一緒に「カレー☆ハンター」となって活躍しませんか?

★YouTubeチャンネル登録はこちら
https://www.youtube.com/channel/UCU3hs3J0d-JpYQXeRKe_1Gw

* * *

カレーハンター協会 公式サイト
http://curry-hunter.jp/

カレーハンター協会 公式Facebookページ
https://www.facebook.com/curryhunter.jp/

かれぇ☆はんたぁTwitter
https://twitter.com/curryhunter

かれぇ☆はんたぁInstagram
https://www.instagram.com/curry_hunter/

* * *

お問い合わせはこちらまで
info@curry-hunter.jp

マシュマロで匿名メッセージを送る
https://marshmallow-qa.com/curryhunter

コメントを残す