松屋の創業ビーフカレーが「まずい」という評判に物申す

出典:松屋フーズ

「カレーが無くなる??」の炎上商法で話題の松屋。単なるリニューアルだったというオチですが、まぁ話題なので食べてみます😆

創業ビーフカレーの発売は12月3日から。今年の夏くらいに期間限定で販売されたカレーですね。

創業ビーフカレーを食べた最初の印象は??

カレー単品だと栄養バランスが悪いのでサラダを付けて。あとタンパク質を補充したいので味玉トッピング。カレギュウでも良かったんだけど、松屋で味玉トッピングのカレーなんて初めてなので😉  創業味玉ビーフカレー 並570円。

まずはルーを一口。

「ん? 塩味が薄い??」

以前、牛丼チェーン大手3社のカレーを比較する記事を書いたのですが、そこでの松屋の評価は高め。しかし、通常メニューのカレーが実は個人的にあまり好きではありませんでした。

牛丼チェーンならどこがおすすめ?【開発部のカレー愛が試されます】 | カレーハンター協会

その理由は「なんか妙に塩っぱいから」

松屋は期間限定のカレーはクオリティが高くて美味しいんですが、オリジナルカレーは妙に塩味が強くてイマイチだったんですよね。

8/19 松屋の「ごろごろチキンのバターチキンカレー」が想像より美味かった😋 | カレーハンター協会

もともと松屋のカレーは、塩味が強い傾向があったのですが、今回販売終了になったオリジナルカレーは特に塩っぱかった。

でも、新発売の創業ビーフカレーは、牛バラ肉から脂がたくさん出ているので塩味を感じにくいこともあって、味が薄く感じるのです。

たぶん、松屋の開発陣もオリジナルカレーが塩っぱいのは認識していて、リニューアルのタイミングで塩味を抑えたのだと思うのですが、この牛の脂が特徴のカレーは以前と同じ塩加減が良かったかな。

うわっ、味玉って冷たいんだ。そっちのパネマジかよw

券売機で買うときの写真はコレ。

出てきたカレーはコレ。

お、おう。パネマジ発動っすね。

わかってます。わかってますよ。ここは大衆食堂。望み過ぎだってことは! でもね、玉子を半分に切ってないのはともかく、味玉が冷蔵庫から出した温度で冷たいんですよ。

アクセントとして温度に差を付けているなら理解できるのですが、味玉って、せめて常温くらいの方が美味しいですよね。

これ、ラーメンにトッピングで乗ってる味玉でもそうなんですが、気になるんですよね。 なんで温めないんでしょう? ラーメンでもみんな気にならないのかな?

松屋って厨房がよく見える店舗が多いので、提供の様子を見ながら待っているんですが、豚汁とかタッパに小分けにして電子レンジで温めるオペレーションですよね。

手間が増えるのは分かるのですが、調理できないわけではないはずなので、ぜひ温めてトッピングして欲しいです。

リニューアルで100円アップはどうなのか?

松屋のカレーが値上げで落ち着いた金額は490円。この金額、牛丼チェーン大手3社のカレーで比べると非常に重要な意味を持つ金額なんです。

吉野家 スパイシーカレー 並360円
すき家 サラ旨ポークカレー 並490円
松屋 創業ビーフカレー 並490円

そう。先にリニューアルした、すき家と同じ金額なんですね。すき家もリニューアルのタイミングで値上げしたのですが、すき家の場合は40円アップ。松屋のカレーは390円から490円の100円アップ。

これ廉価帯の大衆食堂では、かなりの大幅値上げ。

以前にすき家がカレーをリニューアルして価格アップしたときには、実は量も増えていて「おぉ、ナイス改善」って思ったものです。確かに食べごたえがアップしました。

すき家がカレー刷新に込めた「本当の狙い」 – ITmedia ビジネスオンライン

でも、松屋の創業ビーフカレーって量がそんなに増えてない気がします。もちろん私の腹加減だけで測定しているので正確ではない可能性があります。

でも100円アップした訳ですから、量を変更したのなら食べてすぐ分かるくらいは変更しているはず。こうなってくると「ただの値上げじゃん」と怒る輩の言い分にも一理あります(苦笑)

ASCII.jp:松屋「創業ビーフカレー」100円高くなったが“実質値上げ”ではない (1/2)|アスキー・ジャンク部リターンズ

リニューアル後のカレーの量については、公式発表があれば良いのですが見つからず。どこかに情報があればぜひ教えてくださいませ。

松屋「すき家はポークだし、吉野家はチキンだから、うちはビーフしようぜ!」

たぶん、金額は意識的に すき家に合わせたんだと思います。すき家のカレー、ホントすごく良くなりましたし、おそらく業界内でも評判が良かったのでしょう。

そして、同じポークカレーじゃ差別化が弱いということで、ビーフカレーを選んだのだと思います。

ちなみに創業ビーフカレーの味ですが、脂の旨味が加わって厚みのある味になってるなぁって感じます。もう少し塩味を強くすれば、なかなか美味しいはず。

でもね、 実は強力なライバルが存在していました。

私、このカレーとよく似ていて、もっと美味しくて、もっと安いカレーを知っているんです。そして、創業ビーフカレーを一口食べるごとに、どうしてもそのカレーを思い浮かべてしまうのです。

セブンイレブンの「金のビーフカレー」の方が美味い‬

えぇ、比べる土俵が違います。わかっています。でも「金のビーフカレーって388円なんですよね。松屋の創業ビーフカレーは490円。

正直、ありゃりゃ。って感じですよね。

マーケティングの話でよくたとえ話にあげられる「新幹線の本当のライバルは電話会議だった」を思い出します(苦笑)

ご飯は付いてないですけど「金のビーフカレー」は肉がゴロッとしているんですよ。創業ビーフカレーは、牛バラ肉が溶けるまで煮込んだのがウリという体で、肉の繊維がスプーンにまとわりつく感じ。

正直、もうちょい肉の食感残しても良かった気がします。2019年の夏に期間限定で販売していた時は、もうちょっと肉が残っていませんでしたっけね?

今年の夏に食べたときは美味しかったので、ちょっと残念です。

松屋の創業ビーフカレーがもっと良くなるまとめ

長々と書いてきましたが、まとめです。

牛丼チェーンみたいに大量に消費するメニューの調整って本当に難しいですよね。創業ビーフカレーは、期間限定のときには気にならなかったし、美味しかった。

でも定番メニューにするとなると、こんなに食べたときの印象が違うものなんですね。もう少し良くなるように、この記事で書いたことをリストにするとこんな感じ。

  1. 塩味をほんの少し強くする
  2. 肉の食感をもう少し残す
  3. 量を増やすか価格を下げる

1番と2番は実現可能な範囲ではありそうですけど、3番はキツそうだなぁ。正直、脂が濃厚で食べごたえがあるから、量は増やさなくて良い気がする。

けれど、牛肉をたくさん使っている味がするのは確かなので、価格を下げるのも難しそう。こう考えると、すき家のカレーリニューアルは神調整だったんだなぁ。

はい。言いたいことを言いたいように言いました。

各社の開発の皆さんの苦労は重々承知しています。でも、いろいろ考えて楽しかったです。また、機会があれば考察しますね😊

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

牛丼チェーンのカレーにはお世話になっている人も多いはず。私もなんだかんだで良く食べてます😆 こちらの記事で牛丼チェーン大手3社のカレーを比べていますので、よろしければ読んでみてください。

間借りカレー屋「カレハン食堂」営業中!

間借りカレー屋「カレー☆ハンター食堂」毎週金曜11:30~14:00ランチ営業中。しっかり辛くて美味しい「スリランカライス&カリー」作ってます。新宿のGyoenROSSO198にて。食べに来てね☆

直近の「カレハン食堂/Barかれはん」営業予定一覧
https://www.facebook.com/pg/curryhunter.jp/events/

かれぇ☆はんたぁの質問箱

匿名でなんでも聞けちゃう!
https://peing.net/ja/curryhunter?event=0

カレー☆ハンター募集中!

カレーハンター協会では、世界中のカレーを食べ歩いて美味しいカレーの情報を集める覆面調査員(カレー☆ハンター)を募集しています。

「カレー愛なら誰にも負けない」というアナタ。一緒に「カレー☆ハンター」となって活躍しませんか?

カレーを食べたら報告しよう☆

Facebookグループで熱心なカレー☆ハンター達が交流中だよ
カレー☆ハンティング報告所♪

Instagramでユルく繋がろう。
カレーを食べたら「#カレーハンティング報告」タグを付けて投稿だ!

5 件のコメント

  • 松屋のカレーが好きだった。最高傑作は2012年頃のオリジナルスパイシーカレーでしょう。その後のレギュラーカレーの展開は客を舐めたものばかりでスープカレーやトマトがキツイ酸っぱいカレーだった。客を騙したホームページだったので本社に抗議したら食べた店の店長から謝罪の電話がきた。その次は、安いスパイスを使った辛いだけのオリジナルカレー。売り上げが落ちたのか黙って前回のオリジナルカレーに変更されました。その味は牛スジは無しになったが2012に極めて近い味ででした。だから、また365日松屋のカレーを食べていたのに。なんだこのクソマズイ創業カレーは。甘ったるくてコンビーフ味だな。不味いんだよ。まず、言っておくがカレーに塩は無い。塩それはハウスのルーだよ。松屋のカレーが、せめて前回のオリジナルカレーに戻るまで売り上げには貢献しない。いかない。これが松屋カレーファンの答えだ。

    • 現行の創業カレーと前回のオリジナルカレーを比べると、間違いなくオリジナルカレーの方がコストや手間がかかっている。言ってしまえば真似の出来ない究極のレシピだ。それに気づいている奴はかなりいる。私を含めて5人いた別々の客が全員オリジナルカレーを食べていた事もあった。私は何年も毎日食べる事でこのレシピを研究していたのだ。表向きは、スパイスをかけないと臭くて食えない牛丼屋だが実はカレー屋なのです。前回のオリジナルカレーが800円でも私は食べ続けたであろう。松屋が元のカレーに戻るまで、カレーはサハラで食べるよ。

      • 松屋が変なカレーを売ろうとしている原因は、社長の代替わりがその理由か。あれほどカレーに拘っていた先代の社長だったのに。おかしいと思っていたんだが、カレーで親父を越えたいのかね?臭い牛丼も不味いカレーも見た目と宣伝で値上げしたが、双方とも見事にコストダウンしている。食材にランクがあるんだな。残念なことですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です